「苦しみに国境ない」 ムクウェゲ氏、被爆者と面会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
笠岡貞江さん(右)と握手するデニ・ムクウェゲ氏=広島市中区の原爆資料館で5日姶大西達也撮影
笠岡貞江さん(右)と握手するデニ・ムクウェゲ氏=広島市中区の原爆資料館で5日姶大西達也撮影

 コンゴ民主共和国で性暴力被害者の救済に取り組み、2018年のノーベル平和賞を受けたデニ・ムクウェゲ医師(64)が5日、広島市中区の原爆資料館を初めて訪問。被爆者の笠岡貞江さん(87)と面談、被爆証言を聞いた。

 笠岡さんは「広島、長崎を破壊した核兵器がまだ世界中にたくさんある。その恐ろしさを知ってほ…

この記事は有料記事です。

残り56文字(全文206文字)

あわせて読みたい

ニュース特集