メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 「支援学級」で学ぶしか 日本語教室、教員少なく 校長「全員フォローできない」

上野西小の特別支援学級で算数の問題に取り組む外国籍の児童=三重県伊賀市で(画像の一部を加工しています)

 日本語を学ぶ「日本語教室」の体制が十分でないため通常学級に在籍したものの、授業が理解できない外国籍の子どもは少なくない。こうした場合、通常学級で「無支援状態」に置かれるよりも、少人数指導が基本の「特別支援学級」への在籍を希望する保護者もおり、外国籍の子どもの特別支援学級在籍率が日本人を上回る要因の一つになっているとみられる。【奥山はるな】

 大阪と名古屋の中間に位置し、交通の利便性から製造業の工場が集まる三重県伊賀市。日系ブラジル人やペル…

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです