メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 「支援学級」で学ぶしか 日本語教室、教員少なく 校長「全員フォローできない」

上野西小の特別支援学級で算数の問題に取り組む外国籍の児童=三重県伊賀市で(画像の一部を加工しています)

 日本語を学ぶ「日本語教室」の体制が十分でないため通常学級に在籍したものの、授業が理解できない外国籍の子どもは少なくない。こうした場合、通常学級で「無支援状態」に置かれるよりも、少人数指導が基本の「特別支援学級」への在籍を希望する保護者もおり、外国籍の子どもの特別支援学級在籍率が日本人を上回る要因の一つになっているとみられる。【奥山はるな】

 大阪と名古屋の中間に位置し、交通の利便性から製造業の工場が集まる三重県伊賀市。日系ブラジル人やペル…

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです