メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の美 重要文化財 仏説七知経(聖武天皇勅願一切経) 細身でやや扁平な楷書体=島谷弘幸

 これは、謹厳で端正な楷書体で書写された経典である。東大寺の大仏を建立した聖武天皇が、天平6(734)年に国家鎮護と万民の安楽のために書写を始めた、いわゆる「聖武天皇勅願一切経」中の1巻である。もとは一切経5000巻あまりが書写されたが、現在は『観世音菩薩受記経』(根津美術館蔵)、『双観無量寿経』巻上(逸翁美術館蔵)などが伝存するのみ。末尾の奥書に大規模に写経を行うために設けられた役所である写経司の「門部王」(天武天皇の曽孫高安王の弟)の名前が見られる。つまり、この経典が官立の写経をする役所(後の写経所)で書写されたことが明らかな最古の遺品の一つであることが分かる。

 この時期には、この官立の写経司や写経所を中心に写経が行われ、釈迦(しゃか)の正しい教えを後世に伝え…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです