メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深刻な不漁で朝イカ販売中止に 函館いか祭り

「函館いか祭り」の会場で、朝イカの刺身を楽しむ人々=北海道函館市内で、2019年10月5日午前10時13分、山田泰雄撮影

[PR]

 イカのまち・北海道函館市で5日、さまざまなイカ料理を楽しむ「函館いか祭り」(実行委主催)が市中心部のはこだてグリーンプラザで開かれた。今年で6回目のイベントだが、スルメイカの深刻な不漁が続く影響で、取れたてのイカを売る名物の「朝イカ販売」は初めて中止になった。

 せめて料理の分だけでも提供しようと、前日から定置網をしかけていたが、しけで回収できず、急きょ市場で何とか朝イカ丼用の600匹を確保した。大勢の来場者が刺し身を乗せた朝イカ丼やゴロ煮、イカ焼きなどに舌鼓を打った。

 スルメイカの産地として、「根室さんま祭り」や厚岸町の「あっけし牡蠣(かき)まつり」に並ぶPRイベントを目指し、地元有志が2014年から手掛けてきた。

 5日は朝から来場者30人以上が列を作り、開会と同時に目当ての料理に殺到した。1番人気は朝イカ丼で30分待ちの列となった。家族3人で来場した同市陣川町の会社員、杉野はるみさん(59)は「毎年楽しみにしているので、またイカが取れるようになってほしい」と話した。祭りは6日まで。

 函館市によると、9月末までの函館の生鮮スルメイカ取扱量は約337トンで、2005年以降最低だった前年同期(約661トン)のやっと半分。一部研究者からは「9月以降は好転の可能性も」との予測もあったが、9月分に限っても約108トンとやはり前年同期(約197トン)に及んでいない。【山田泰雄】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです