メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

ポエムの正しい使い方=永山悦子

 最近、「ポエム」という言葉が否定的な意味で使われている。本来の「ポエム」には、相手をやゆする意味はない。国語辞典、英和辞典、英英辞典などを調べてみたが、「詩」「韻文」「韻を踏むパターンの文章」などだった。

 それでも、今年9月に就任した小泉進次郎環境相の発言は「中身がなく意味不明」という意味で「ポエム」と批判された。中でも注目を集めたのが、国連(米ニューヨーク)の気候行動サミットの記者会見での「セクシー」発言だ。

 批判にも一理あるとは思うが、私はこの発言を聞いたとき、「面白い」と感じた。気候行動サミットは、各国…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです