メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯 狙え、欧米豪富裕層 訪日客特需 九州40地域の祭り集めイベント/瀬戸内の魅力PR

2018年の訪日外国人客(3120万人)の内訳

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会では、50万人超の訪日客が見込まれている。その中心は、インバウンド(訪日外国人)では少数派の欧米やオセアニア。大会期間も1カ月半と五輪の3倍で、富裕層による長期滞在が多いと予想されている。今回のW杯特需を今後の誘客につなげようと、国内各地で取り組みが行われている。【大島祥平】

 「初めて日本に来たが素晴らしいよ」。スコットランドから観戦に訪れたキース・ネルソンさん(50)は9…

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです