板柳で最後の「クラフト小径」 工芸作家120人集結 /青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
モビールや扇子などを販売するタイ国立ろう学校の生徒らによるブース=青森県板柳町中央アップルモールで
モビールや扇子などを販売するタイ国立ろう学校の生徒らによるブース=青森県板柳町中央アップルモールで

 板柳町の中心部にある遊歩道「中央アップルモール」で5、6の両日、全国の工芸作家が一堂に集まり、作品を展示、販売するイベント「クラフト小径(こみち)」が開かれた。2013年から毎年開催されてきたが、7回目を迎えた今回が最後となった。【江沢雄志】

 「クラフト小径」は「町ににぎわいを作り、人を呼び込もう」と実行委員長で同町出身の陶芸家、安田修平さん(60)が中心になって始めたイベント。今年は全国31…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

あわせて読みたい

ニュース特集