メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

富士山と酒匂川=小田原支局長・澤晴夫 /神奈川

 開成町を中心に郷土史研究をしている市民グループ「足柄の歴史再発見クラブ」(小林秀樹会長)が「新編 富士山と酒匂川」を刊行した。2007年にも「足柄歴史新聞 富士山と酒匂川」を発刊しており、その続編ということになる。

 再発見クラブは江戸時代にあった富士山の「宝永噴火」(1707年)と、その後の酒匂川の洪水の歴史を見つめ直す活動を続けており、歴史新聞から新編発刊までの間に起きた出来事が新たに盛り込まれている。

 10年9月の記録的集中豪雨では、酒匂川の上流域になる静岡県小山町で大量の土砂崩れがあり、県内の酒匂…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです