メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

富士山と酒匂川=小田原支局長・澤晴夫 /神奈川

 開成町を中心に郷土史研究をしている市民グループ「足柄の歴史再発見クラブ」(小林秀樹会長)が「新編 富士山と酒匂川」を刊行した。2007年にも「足柄歴史新聞 富士山と酒匂川」を発刊しており、その続編ということになる。

 再発見クラブは江戸時代にあった富士山の「宝永噴火」(1707年)と、その後の酒匂川の洪水の歴史を見つめ直す活動を続けており、歴史新聞から新編発刊までの間に起きた出来事が新たに盛り込まれている。

 10年9月の記録的集中豪雨では、酒匂川の上流域になる静岡県小山町で大量の土砂崩れがあり、県内の酒匂…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです