メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@あいち

県警捜査2課長 三村賢伍さん(34) /愛知

三村賢伍さん

 警察庁時代は統計の分析を担当した。「統計的な裏付けに基づいた政策立案」が主要テーマだったが、8月に県警捜査2課長に就任し、「捜査の第一線に来たことで、それぞれの事件の被害者に向き合うという思いを改めて強くしている」と決意を新たにする。

 これまでの日本では、その時々に起きた個別の事件や災害といった単一のエピソードが重要視されてきた。新たな政策の必要性が国民に分かりやすく伝わる一方、場当たり的な面もあったと指摘する。どうしていくのがいいのか。ヒントになるのが、警察庁時代に培った、具体的な統計数値などの証拠に基づいて政策立案を進めるEBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング)という取り組みだ。欧米が推進する比較的新しい考え方で、「社会情勢が急激に変化する中、限られた人的、物…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです