メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継続は力なり

わかやま100年企業の挑戦 島安汎工芸製作所 間伐材や木くずも利用 紀州漆器、新たな挑戦 /和歌山

新しい分野への挑戦を常に意識している島圭佑常務=和歌山県海南市大野中で、中川博史撮影

 「漆器」や「漆」と聞いてまず思い浮かべるのは、黒光りする立派な重箱だろう。蒔絵(まきえ)と呼ばれる金色の文様が描かれていたりすると、いっそう格式高く感じる。

 島安汎工芸製作所(海南市)は、紀州漆器を作り続けて当代で4代目。「汎」の字が「広く、あまねく」を意味する通り、お重を中心としながらも、調度品や食器、雑貨などさまざまな漆器を手がけ、自社で全ての行程をまかなう全国でも珍しい“職人集団”だ。

 紀州漆器は日本の四大漆器の産地として知られ、起源は室町時代にまでさかのぼると言われる。朱漆の下から所々に黒漆が露出する「根来塗」が伝統手法で、同社も主要3ブランドの一つとして扱っている。

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです