メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継続は力なり

わかやま100年企業の挑戦 島安汎工芸製作所 間伐材や木くずも利用 紀州漆器、新たな挑戦 /和歌山

新しい分野への挑戦を常に意識している島圭佑常務=和歌山県海南市大野中で、中川博史撮影

 「漆器」や「漆」と聞いてまず思い浮かべるのは、黒光りする立派な重箱だろう。蒔絵(まきえ)と呼ばれる金色の文様が描かれていたりすると、いっそう格式高く感じる。

 島安汎工芸製作所(海南市)は、紀州漆器を作り続けて当代で4代目。「汎」の字が「広く、あまねく」を意味する通り、お重を中心としながらも、調度品や食器、雑貨などさまざまな漆器を手がけ、自社で全ての行程をまかなう全国でも珍しい“職人集団”だ。

 紀州漆器は日本の四大漆器の産地として知られ、起源は室町時代にまでさかのぼると言われる。朱漆の下から…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです