メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフガン「ここは戦場」(その1) 娘2人、テロで失った母 和平の理想と現実、乖離

亡くなった娘2人の写真を手に持つ母マリさん(右)と義兄のムハンマドさん=カブールで9月27日

 アフガニスタン大統領選があった9月28日の首都カブール中心部。駐留外国部隊やアフガン政府と戦闘を続ける旧支配勢力タリバンが、投票所などへの攻撃を予告する中、通りは閑散とし、鋭い目つきの兵士の姿だけが目立っていた。あちこちにある投票を呼びかける政府の看板や笑顔の候補者のポスターが、理想と現実の乖離(かいり)を物語る。【カブールで松井聡】

 「銃弾が常に飛び交っているわけではないし、政府も選挙に行けと言う。でもここは、いつどこで殺されてもおかしくない『戦場』なんです」

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  4. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです