メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

ご先祖様に届け、島唄=河瀬直美

秋分の日に奄美で見た夕日=河瀬直美さん提供

 奄美大島は神様の暮らす島である。約2年ぶりに訪れた島でレンタカーを借りて、まずは鶏飯を食べに行った。鶏飯とは、鳥の胸肉を細かく裂いて、卵の千切りやパパイアの漬物などをご飯の上に乗せ、その上から鶏ガラスープをかけて食べる島のおもてなし料理である。「2つ目の窓」という作品を撮影する数年前、初めて降り立ったこの島で、まだ小学校に行く前の息子と食べた鶏飯。それ以来、彼の好物のひとつとなった。

 息子が生まれる前に祖母からルーツが奄美大島にあると聞かされてから、初めて訪れるまでに5年の歳月を要…

この記事は有料記事です。

残り1504文字(全文1748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです