メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

ご先祖様に届け、島唄=河瀬直美

秋分の日に奄美で見た夕日=河瀬直美さん提供

 奄美大島は神様の暮らす島である。約2年ぶりに訪れた島でレンタカーを借りて、まずは鶏飯を食べに行った。鶏飯とは、鳥の胸肉を細かく裂いて、卵の千切りやパパイアの漬物などをご飯の上に乗せ、その上から鶏ガラスープをかけて食べる島のおもてなし料理である。「2つ目の窓」という作品を撮影する数年前、初めて降り立ったこの島で、まだ小学校に行く前の息子と食べた鶏飯。それ以来、彼の好物のひとつとなった。

 息子が生まれる前に祖母からルーツが奄美大島にあると聞かされてから、初めて訪れるまでに5年の歳月を要した。この島はそこに降り立つタイミングがあるような気がしてならない。今回も新作映画の編集作業や、ロンドンでの初期ドキュメンタリー作品の回顧展、東京オリンピックの構成案のためのリサーチ。なら国際映画祭が創る映画ナラティブプロジェクトの準備。と、数え上げれば切りがない仕事の最中、この島で1週間の休暇を取…

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです