メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

自分の頭で考える習慣ついた=経済同友会教育革新PT委員長・小林いずみさん

小林いずみさん

経済同友会教育革新PT委員長・小林(こばやし)いずみさん

 早生まれなので、小学校低学年の時は他の子と比べて幼稚だったかもしれません。小学校に入った時、自分の名前が書けなかったんですよ。高学年になると、ゲーム感覚で勉強が好きになってきました。親から「勉強しろ」と言われたことは一度もありません。

 中学1年の時、将来の夢を「探検家」と書きました。未知の世界に行きたいという気持ちでしょうか。当時は深く考えていなかったのですが、現実的な職業を書く子が多い中で、私と「大リーガー」と書いた同級生の2人だけが非現実的な将来を夢見ていました。

 高校受験では東京都練馬区にあった自宅に近い都立校に合格したのですが、通学に1時間かかる私立の恵泉女学園高(世田谷区)に進学しました。近すぎると世界が狭くなると思って。通学に小田急線を使うので、毎日通る新宿を探検したかったのかもしれません。

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1061文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです