メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

日本の高等教育 公費負担薄く、高い授業料

 <kyoiku no mado>

 経済協力開発機構(OECD)が毎年、加盟国などの教育の実態をまとめた「図表でみる教育」の「2019年版」が9月に公表された。「世界から見た日本」の教育事情がわかる特徴的なデータの一部を紹介する。【千脇康平】

 ●OECDデータ比較

 日本は小学校から大学までの教育機関に対する公的支出の負担割合が低いと長年指摘されているが、19年版で示された16年のデータでもそれは明確に表れている。国内総生産(GDP)に占める割合は2・9%で比較可能な35カ国の中で最も低い。最低となるのは14年から3年連続。OECD平均は4・0%。ノルウェーが6・3%で最も高く、フィンランド5・4%▽アイスランド、ベルギー5・3%▽スウェーデン5・2%――と欧州諸国が上位を占める。

 日本は、大学や専門学校などの高等教育で公的支出の割合が特に低い。教育支出の公私の負担割合をみると、小学校から高校までは公的支出が92%とOECD平均(90%)を上回るが、高等教育の段階になると31%まで低下する。これはOECD平均(66%)の半分以下。報告書は「日本では高等教育の授業料の高さが懸念事項になって久しい」と指摘している。

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1318文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです