メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

飛花落花の深まり=酒井佐忠

 毎日俳壇選者で、俳誌「香雨」主宰の片山由美子の第6句集『飛英』(角川書店)が刊行された。前句集『香雨』以降の7年間の作品を集めたもの。「飛英」とは聞きなれない言葉だが、散る花びら、落花の意味がある。作者はこの言葉を知って以来、いつかは句集の名にしたいと思っていたという。散る花びらは、いつかはまた花となって再生する。そんな願いを込めた死生観の深まりが見える作品群。静けさと深い言葉の美意識が魅力の一冊だ。

 <鳥葬の空水葬の川初景色>。海外への旅の句の中で思いの深い一句。「鳥葬」はチベットやゾロアスター教…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです