メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

No Pain No Gain

安定感、80分間持続=箕内拓郎

 日本は本当に強くなったなと感じさせる一戦だった。サモアは決勝トーナメント進出に向けて後がなく気合十分で、今大会では一番の出来だった。そんな相手を80分間コントロールし続けた。点差を詰められる場面もあったが、負けるイメージは湧かず、安心して見ていられた。日本が世界のトップレベルのチームにシフトしていることを実感した。

 勝利のベースになったのは防御とセットプレーの安定だ。二つの要素が崩れていないことが、試合に落ち着き…

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  5. 17歳少女を無免許運転で逮捕 同乗者4人死傷 福岡県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです