メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

日本、1次L3連勝 正確さ、桜の根幹

後半、途中出場したサモアのピシ(右)=喜屋武真之介撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、1次リーグA組の日本(世界ランキング8位)はサモア(同15位)を38―19で退け、3連勝で初の決勝トーナメント進出へ大きく前進した。終盤に2トライを重ね、4トライ以上で得られるボーナス点も獲得した日本。データから浮かび上がるのは、キックを蹴ってボールを競り合い、相手を正確なタックルで仕留めて持久力勝負に持ち込む手堅い戦術だった。【大谷津統一】

この記事は有料記事です。

残り1400文字(全文1595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです