メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「セクシー発言たたかれたけど…」小泉進次郎さんの落語マニア宣言

「中村仲蔵」について語る(左から)松井孝治さん、小泉進次郎さん、柳家さん喬さん=東京都内で2019年9月、油井雅和撮影

 先月末、都内某所でクローズドの落語会があった。主催は元参院議員で、内閣官房副長官などを務めた慶応大教授の松井孝治さんらでつくる「日本文化研究会」。それぞれの地域で開かれている「地域寄席」の一つだが、3年ぶりの開催だという。

 松井さんは超党派の国会議員が集まった「落語議連」の事務方も務めていて、かなりの落語好き。「見に来ませんか?」と誘われてうかがうと、名前をここで挙げるのは野暮(やぼ)なので控えるけれど、国会議員も含め、客席はそうそうたる方々の姿が。

 今回は柳家さん喬師匠が登場。これからは師匠の芸談を聞く会にしたいそうだ。そして、さん喬さんの長講は…

この記事は有料記事です。

残り3654文字(全文3932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです