メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベトナム人に高級化粧品の万引き指示 窃盗容疑などで7人逮捕 岐阜県警

岐阜県警本部=鮫島弘樹撮影

 東海地方などのドラッグストアで2017~18年、高級化粧品が狙われた窃盗事件で、岐阜県警は、ベトナム人と日本人の計7人を窃盗容疑などで逮捕した。被害総額は約6400万円に上る。買い取った盗品をネットで売りさばく役の日本人が、売れ筋を万引きするよう仲介人を通じてベトナム人に指示していた“流通ルート”を解明したという。

 県警は、技能実習生などとして入国して名古屋市や兵庫県姫路市などに住む、26~55歳のベトナム人男女5人と日本人の男女2人を逮捕した。14カ所の関係先を捜索し、計4400点の証拠品を押収。2017年10月~18年10月に岐阜、愛知、滋賀、福井、三重の5県で計115件の窃盗被害に関わったとしている。7人とも起訴された。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです