メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目黒虐待死 結愛ちゃん父に懲役18年求刑

東京地裁および東京高裁が入る庁舎=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影

[PR]

 東京都目黒区で2018年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死と傷害罪などに問われた父親の雄大被告(34)に対し、検察側は7日、東京地裁(守下実裁判長)の裁判員裁判で、懲役18年を求刑した。

 検察側は公判で、雄大被告は、母親の優里被告(27)=1審懲役8年=との間に実子の長男が生まれた16年秋以降、血がつながっていない結愛ちゃんに対する明らかな暴力を始めたと指摘した。

 一家が目黒区で暮らすようになった18年1月からは、食事や外出を厳しく制限。「息が苦しくなるまで運動する」など困難な課題を与え、達成できないとベランダに立たせたり、水温10度を下回るシャワーを浴びせたりしたとした。

 2月下旬には顔が腫れるほどの暴力を振るって、結愛ちゃんは極度に衰弱。嘔吐(おうと)を繰り返したが、虐待の発覚を恐れた雄大被告と優里被告が病院に連れて行かなかったため、結愛ちゃんは3月2日に肺炎による敗血症で死亡したとしている。

 雄大被告は起訴内容を大筋で認めつつ、結愛ちゃんの命が危険だと認識したのは亡くなる前日だったとした。弁護側は「理想の子」であってほしいと結愛ちゃんに厳しく接したことが虐待につながったと主張している。【田中理知、巽賢司】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです