水産庁取り締まり船と北朝鮮漁船が衝突 漁船沈没、十数人救助 能登半島沖

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水産庁の漁業取り締まり船「おおくに」=同庁ホームページから
水産庁の漁業取り締まり船「おおくに」=同庁ホームページから

 7日午前9時10分ごろ、石川県・能登半島沖の北西約350キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、水産庁の漁業取り締まり船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突した。海上保安庁によると、北朝鮮の漁船の乗組員約20人が海に投げ出されたが、十数人は救助された。

 海上保安庁によると、北朝鮮の漁船はイカ釣り漁船と見られ、浸水して沈没した。漁業取り締まり船は自力航行…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

あわせて読みたい

注目の特集