メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水産庁取り締まり船と北朝鮮漁船が衝突 漁船沈没、十数人救助 能登半島沖

水産庁の漁業取り締まり船「おおくに」=同庁ホームページから

[PR]

 7日午前9時10分ごろ、石川県・能登半島沖の北西約350キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、水産庁の漁業取り締まり船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突した。海上保安庁によると、北朝鮮の漁船の乗組員約20人が海に投げ出されたが、十数人は救助された。

 海上保安庁によると、北朝鮮の漁船はイカ釣り漁船と見られ、浸水して沈没した。漁業取り締まり船は自力航行可能で、けが人の情報はないという。

 海保によると、現場は好漁場として知られる大和堆(やまとたい)に近く、北朝鮮や中国の漁船の違法操業が相次いでいる。現場近くでは8月23~24日、北朝鮮海軍のものとみられる旗を掲げた高速艇の乗組員が銃のようなものを見せるなどして水産庁や海上保安庁の船に接近していた。

 水産庁によると、5月中旬以降、北朝鮮の漁船が違法操業をしている海域で、同庁で警戒していた。今回は退去警告活動中、接触したという。

 同庁の船4隻、海保の航空機、ヘリ各1機、巡視船艇3隻で周辺海域を捜索する。【松本惇、中津川甫、椋田佳代】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  2. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. WEB CARTOP 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

  5. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです