メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

約90年稼働の神戸電鉄車両 CFで保存へ 有志が資金集め

現在の旧101号車(右)と、交代で構内入換車となったバッテリーカー=米倉裕一郎さん提供

 神戸電鉄(神鉄、本社・神戸市兵庫区)の創業期から六甲山系の急坂を走り、約90年間働いた車両「旧101号車」を解体の危機から救おうと、有志らがクラウドファンディング(CF)で資金集めに乗り出した。昭和初期に建造された車体の傷みは激しいが、神鉄鈴蘭台車庫(同市北区)で保管され、見学会には多くの鉄道ファンが訪れる。保存活動を進めるメンバーは「現存する私鉄の車両では全国的にも貴重。次世代に継承したい」と話す。

 旧101号車の誕生は、神戸の市街地と六甲山系北側を結ぶ神戸有馬電気鉄道(現神鉄)開業翌年の1929…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです