メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地上戦の狂気語る 丸木さん夫妻作「沖縄戦の図」全作展示 沖縄・佐喜真美術館

「沖縄戦の図」の前で、丸木夫妻の絵に込めた思いを語る佐喜真道夫館長=沖縄県宜野湾市の佐喜真美術館で2019年10月2日午後5時15分、遠藤孝康撮影

 画家の故・丸木位里(いり)さん、俊(とし)さん夫妻が1980年代に描いた「沖縄戦の図」シリーズ全14作が沖縄県宜野湾市の佐喜真(さきま)美術館で公開されている。集団自決や日本兵による住民虐殺など太平洋戦争末期の沖縄戦の実相を生々しく描いた作品だ。制作にあたり、夫妻は頻繁に沖縄を訪れ、多くの地上戦体験者の証言に耳を傾けた。被爆地の惨状を描いた全15作の連作「原爆の図」で知られる夫妻が晩年、沖縄戦に取り組んだ理由とは――。

 佐喜真美術館はシリーズのうち最も大作の「沖縄戦の図」(縦4メートル、横8・5メートル)を常設展示している。今回は11月に開館25周年を迎えるのに合わせ、初めて全作品を一斉に展示した。

この記事は有料記事です。

残り1072文字(全文1376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  3. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです