メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肖像画、書状…安土城のお膝元で明智光秀展 来年の大河に合わせ

明智光秀のものとして唯一伝わるとされる肖像画の復元画=滋賀県近江八幡市の県立安土城考古博物館で2019年9月18日午後2時24分、蓮見新也撮影

 本能寺の変で織田信長を討った明智光秀を紹介する特別陳列「明智光秀と近江」が、信長の築いた安土城の跡近くにある滋賀県立安土城考古博物館(同県近江八幡市)で開かれている。22日まで。

 光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が来年放送されるのに合わせて企画。当時の材料や技法で復元した光秀…

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告保釈される 勾留先の警視庁東京湾岸署から

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. さっそく小泉氏もマイバッグ 環境、厚労の庁舎でレジ袋廃止

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです