メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号 千葉県議会が森田知事の初動対応を追及 公用車運行に疑問

千葉県内の台風被害に対する政府への要望を安倍晋三首相に伝えた後、記者団の質問に答える森田健作知事=首相官邸で2019年9月18日、川田雅浩撮影

 千葉県内に甚大な被害をもたらした台風15号への同県の対応を巡り、県議会総務防災委員会などで7日、初動の遅れを批判する声が県議から相次いだ。台風が通過した9月9日、当時の気象状況が基準に達していたにもかかわらず「災害警戒体制」に入らず、災害対策本部設置の前段階の「応急対策本部」も設置しなかったことが新たに判明した。さらに知事公用車の記録が不自然だと疑問視する声も上がっている。

 県の初動対応では、森田健作知事が9日に県庁に登庁せず、10日午前に災害対策本部を設置したことがこれまでも批判されている。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 失業手当支給、60日延長へ 厚労省が新型コロナ対策で特例措置

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです