メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

耐震性不十分な大型建物の2割超、自治体が補強把握せず 会計検査院指摘へ

国土交通省が入る中央合同庁舎第3号館=東京都千代田区霞が関2で、本橋和夫撮影

 旧耐震基準で建てられた大型建物などを対象に実施している耐震診断について会計検査院が抽出調査したところ、耐震性が不十分と診断されたにもかかわらず、その後に補強などの対策が実施されたかどうかを自治体が把握していない建物が過去5年で2割以上に上ることが、関係者への取材で判明した。対策が実施されていない建物と合わせると7割近くに達し、検査院は今後、自治体が把握を進めるよう国土交通省に求める見通し。

 2013年施行の改正耐震改修促進法は、1981年5月以前の旧耐震基準で建てられた建物のうち、病院や…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです