メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

表現の不自由展再開 河村名古屋市長座り込みで抗議へ

3日に中止されるまで不自由展会場に展示されていた中垣克久さんのドーム型の立体作品。奥に「平和の少女像」がある=名古屋市東区で2019年8月3日午後1時29分、山田泰生撮影

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が8日午後から再開されることになり、名古屋市の河村たかし市長は7日夜、不自由展会場がある愛知芸術文化センターで報道陣の取材に応じ、8日に会場前などで座り込んで抗議する考えを示した。

 河村市長によると、7日の大村秀章知事の会見直前に、県…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 新型コロナ感染者 国内で初めて2000人超える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです