表現の不自由展再開 河村名古屋市長座り込みで抗議へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3日に中止されるまで不自由展会場に展示されていた中垣克久さんのドーム型の立体作品。奥に「平和の少女像」がある=名古屋市東区で2019年8月3日午後1時29分、山田泰生撮影
3日に中止されるまで不自由展会場に展示されていた中垣克久さんのドーム型の立体作品。奥に「平和の少女像」がある=名古屋市東区で2019年8月3日午後1時29分、山田泰生撮影

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が8日午後から再開されることになり、名古屋市の河村たかし市長は7日夜、不自由展会場がある愛知芸術文化センターで報道陣の取材に応じ、8日に会場前などで座り込んで抗議する考えを示した。

 河村市長によると、7日の大村秀章知事の会見直前に、県…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

あわせて読みたい

注目の特集