メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「司令塔集団」の日本 光る自在な攻め ラグビーW杯

アイルランド戦でディフェンスをかわしながらパスを出す日本のCTB中村亮土=静岡スタジアムで2019年9月28日、竹内紀臣撮影

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で3連勝と勢いに乗る日本は、バックスがパスやランなど的確な判断でトライを生み出している。柔軟な攻撃を操るのは高校、大学時代にゲームを組み立てるスタンドオフ(SO)を経験した選手たちだ。バックスの登録メンバー13人のうち半数近い6人を占める。判断力に秀でた「司令塔集団」が、自在の攻めで日本を初の決勝トーナメントへ導く。

 SOは相手の陣形を分析し、パスやキック、ランを選択する。視野の広さや瞬時の判断力が求められるポジシ…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです