メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

できないからできること=小国綾子

代々木病院精神科デイケアの合唱プログラム「ハートビートコーラス」が練習している部屋の壁には、こんな言葉が張られている=小国綾子撮影

 できることで、できないこともある。できないことで、できることもある――。そんな言葉を教わったのは、まだ18歳のときだ。

 中学時代の先生からもらった手紙に書かれていた。「できる」が「できない」よりも立派とは限らない。「できる」ことで失うものもあれば、「できない」ことで得られることだってあるよ、と。

 担任でもなかった先生がなぜ大学生の私に手紙をくれたのか、きっかけはもう思い出せない。それが先生自身の言葉なのか、オリジナルが別にあるのかも知らない。

 それでも30年以上、この言葉をいつも心に据えてきた。自分にも他人にも「できる」と「できない」は同じ…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文940文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです