メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県議資産、平均2771万円 前回比1318万円増 1億円超4人 /青森

 4月の統一地方選で当選した県議48人の資産が7日、県資産公開条例に基づいて公開された。不動産や預貯金などを合わせた資産総額の平均は2771万円で4年前の前回と比べ1318万円増えた。資産が1億円を超えた県議は4人だった。

 資産公開は4年に1度あり、対象となるのは現在の任期が始まった4月30日現在の資産。本人名義のものだけで、家族名義や法人名義は含まれていない。株式は銘柄と株数だけの公開で総額には含まれていない。

 最高額は、自民の小比類巻正規氏の4億2445万円。民主連合の田名部定男氏が1億9589万円と続いた。他に資産が1億円を超えたのは、森内之保留氏(自民)、斉藤爾氏(自民)の2人。資産ゼロは3人だった。

この記事は有料記事です。

残り2330文字(全文2638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 世界のコロナ感染者1億人超え 収束見通し不明、2カ月半で倍増

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです