看護師養成所を断念 医師会が反対 新庄市長会見 /山形

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
看護師養成所の開設断念について説明する山尾順紀市長=山形県新庄市役所で
看護師養成所の開設断念について説明する山尾順紀市長=山形県新庄市役所で

 新庄市は7日、2022年4月の開校を掲げてきた看護師養成所の設置を断念すると発表した。地元医師会の反対が理由。開設の是非が争点となった9月8日投開票の市長選で開設推進を訴え、反対派候補をわずか55票差で破って4選を果たした山尾順紀市長は記者会見を開き、「心苦しい。(有権者、採用した職員に)大変申し訳ない」と苦渋の表情を浮かべた。【的野暁】

 山尾市長は、市最上郡医師会(三條典男会長)から計画に反対するとの文書を受け取ったと説明。医師会は当初、講師派遣などに協力姿勢を示していたが、文書では「赤字経営が明らかで、生徒募集困難など継続に難がある。民意にそぐわない計画に賛同できない。市民の税金が無駄に使われることは看過できない」と9月理事会で決議したと伝えてきたという。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文482文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集