メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水力発電の意義紹介 東北電、金山にPR施設建設 来年完成へ /福島

奥会津水力館のイメージ図=東北電力提供

 東北電力は来年5~6月の完成を目指し、水力発電の仕組みや只見川水系での電源開発の歴史などを紹介したPR施設「奥会津水力館」の建設を金山町で進めている。当初は2011年度の着工を予定していたが、東日本大震災と新潟・福島豪雨の影響でずれ込み、今年4月から工事に入っている。

 国道252号沿いにある道の駅「奥会津かねやま」の隣接地に建設。鉄筋コンクリート平屋建て(約1200平方メートル)で、…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 横浜F・マリノスが15年ぶりJ1制覇 FC東京降す

  5. キャベツを食べるウニ 大きくて、おいしくなった 神奈川県水産技術センターで展示

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです