メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 木は大好きです。見ていて飽きません。特に大きな木が好きです。

 大きな木は姿がいい。とても立派で、存在感があります。ここまで育つ間に、どれだけの出来事を見てきたのかしら。そんなことを思います。100年も200年も生きてきたんですから、多くのことに出合ったはずです。

 木の外側にはコケや他の小さな木、草やランの花が生えることもあります。ケヤキやエノキにはヤドリギが寄生することもあります。木全体が一つの世界、つまり生態系になっているわけです。安らぐために訪問客もたくさん来ます。鳥が来て、時には巣を作ります。古くなって、幹に穴が開くと、リスやムササビも入ります。

 もちろん虫もすんでいます。木そのものをすみかにしているだけでなく、コケの下や、はがれかけた樹皮の下…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  2. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. WEB CARTOP 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

  5. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです