メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にじ 実名報道について /愛知

 「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)で7月に起きた放火殺人事件では、被害者の実名報道の是非が議論になった。被害者の名前を警察が公表する際、遺族が匿名を希望することが多いのはこの事件に限らない。名前を報じる意義を改めて自問した。

 7月末、理不尽に命を奪われた、ある県内出身被害者の人となりを尋ねようと小さな集落に向かった。夕暮れ時、通夜が営まれた寺から次々…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 「客激減」「3連休の緩み」くっきり データで見る“自粛”度合い

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです