メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済 テキサスで県産日本食を 百五総合研究所・安岡優

 <三重(みえ)~る経済>

 三重県をはじめとする中部5県で生産される食材の輸出支援の仕事で7月末に米国テキサス州のヒューストンとダラスを訪問した。テキサスといえば、カウボーイやビーフステーキ、石油産業、NASAの宇宙センターなどを連想する方が多いのではないだろうか。

 テキサス州の人口は約2900万人、経済規模は名目GDP約1兆8000億ドルで米国全体の約9%を占め、いずれもカリフォルニア州に次いで全米2位、面積も約70万平方キロメートルとアラスカ州に次ぐ広さで「2位の州」と呼ばれる。

 米国中央部に位置し北米各地や中南米へのアクセスが良く、個人や法人への所得税がないうえに、大学なども…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです