メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清水公照の書画、自由闊達 14日まで桑名で企画展 /三重

 奈良東大寺の元住職、清水公照(1911~99年)の書画や陶芸作品を没後20年に合わせて紹介する企画展が桑名市京町の市博物館で開かれている。14日まで。

 清水公照は大仏殿の昭和大修理を成功させた僧侶として知られるが、自由闊達(かったつ)な書画などの作品を数多くのこしたことでも有名だ。企画展では公照と親交のあった人から同館に寄贈された作品を中心に計100点…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです