メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資産公開 県議平均は1929万円、前回より299万円増 1億円以上3人 /滋賀

 4月の統一地方選で改選された県議44人の資産等報告書が7日、県資産公開条例に基づいて公開された。土地と建物、預貯金等を合計した1人あたりの平均額は約1929万円で、前回15年より約299万円の増加。3人が1億円以上の資産を報告した一方、1人が株券なども含め「資産ゼロ」としていた。【成松秋穂】

 任期開始日の4月30日現在で保有する、土地や建物の固定資産税課税標準額▽預貯金(普通預金、当座預金、普通貯金を除く)▽有価証券▽株券▽取得価格が100万円を超える自動車や船舶、美術工芸品▽ゴルフ会員権――などが対象。家族名義は対象外のため、実際に保有する資産は上回る場合もある。

 報告された資産の最高額は清水鉄次氏(さざなみ倶楽部(くらぶ))=高島市=の2億574万円。次いで、…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです