メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ココクール・マザーレイク・セレクション

湖国で紡がれる物語/50 冨田酒造「純米吟醸 長濱/七本鎗…」 /滋賀

[PR]

 ◆冨田酒造「純米吟醸 長濱/七本鎗 awaibuki」

    伝統築く進化の味わい 地の「絆」守り続け

     創業は1532年から55年までの天文年間にさかのぼる冨田酒造。1583(天正11)年に起きた賤ケ岳の合戦で武功を立て、かの豊臣秀吉を天下へと導いた七人の若武者「賤ケ岳の七本槍」にちなんだ銘柄「七本鎗」の醸造で名をはせています。15代目を継いだ冨田泰伸さんは、「日本酒も多様性を求められる時代」と語り、脈々と受け継がれる伝統や手法を大切にした「純米吟醸 長濱」、そして更なる伝統のために「七本鎗 awaibuki」を誕生させました。

     「純米吟醸 長濱」は地域活性化のため2014年春に地域の農家「百匠屋」、長浜バイオ大学、黒壁AMISU、冨田酒造による得意分野をいかした4者連携「長浜人の地の酒プロジェクト」により誕生しました。ほのかな吟醸香とハッキリした酸味が舌に広がり鼻に抜け、キレの良い味わいが喉を潤します。

     「七本鎗 awaibuki」は冨田さんが酒蔵の伝統を重んじつつ、更なる伝統を築くために挑戦したスパークリング日本酒で、男女問わず若い世代を中心に支持されています。発酵由来の発泡が口の中でシュワシュワと弾ける爽やかな喉ごし、米の酒のイメージを吹き飛ばす軽やかで甘酸っぱいテイストが感じられます。

     冨田さんは、地酒の“地の絆”の部分の重要性を意識し、地元農家の米を中心に使用することや流通先を限定するなど、ブランドを守りながら、変わらぬ地酒と変わるべき地酒を醸し続けます。<文・写真は県商工政策課>(原則、火曜隔週掲載)


    メモ

    純米吟醸 長濱火入れ(720ミリリットル)1650円▽純米吟醸 長濱しぼりたて(冬季限定720ミリリットル)1815円▽七本鎗 スパークリング日本酒awaibuki(350ミリリットル)1320円(価格は税込)

    冨田酒造有限会社

    長浜市木之本町木之本1107

    電話:0749・82・2013


     滋賀の魅力を集めた「ココクール」の詳細については、公式ウェブサイトや公式Facebookに掲載しております。「ココクール 滋賀」でぜひご検索ください。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

    3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです