メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アート、社会との接点に 障がい者作品イベントに市民ら 「作品レンタル、広がってほしい」 /兵庫

「がっせぇアート展」のトークライブで討論する(左から)茨木やよい理事長、近藤剛監督、中貝宗治市長=豊岡市元町の豊岡劇場で、村瀬達男撮影

 養父市のNPO法人「がっせぇアート」(茨木やよい理事長)が主催する障がい者の作品展「がっせぇアート展」のトークライブが5日、豊岡市元町の豊岡劇場であり、市民ら約80人が参加した。滋賀県東近江市の高機能自閉症の画家、古久保憲満さんのドキュメンタリー映画「描きたい、が止まらない」を手がけた近藤剛監督や中貝宗治・豊岡市長、茨木理事長が障がい者アートの支援について意見交換した。【村瀬達男】

 トークライブは同展の10回の節目に関連行事として企画。初めに同展にも出品した古久保さんの建物の細密…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです