メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和森林物語

/48 幻の生きものたち/1 謎だらけのニホンオオカミ /奈良

 奈良県の山野には多くの動植物がいる。中には希少種や絶滅種、そして正体の知れないものも……。そんな幻の生きものたちを追いかけてみた。

 先月15日、東吉野村木津の「あいの家コーヒーお茶ハウス」で「オオカミ遠吠え大会」が開かれた。参加者がイメージするオオカミの遠ぼえを披露し合うという催しだ。地元の他、京都や東京から訪れた12人が思い思いに「ほえた」という。主催は村民らでつくる団体「台高山脈ニホンオオカミ森の会」である。

 「うちの村は最後のニホンオオカミがいた地ですが、近年は山にゴミが不法投棄されるなど荒れています。そこでオオカミがいた頃の自然を思い出しませんかという意図で開きました」。そう話すのは、同会の辻本恵則世話人代表。

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1173文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ボーガンで3人死亡 23歳逮捕「家族に矢放った」 兵庫・殺人未遂容疑

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです