メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国山地の現状と希望を発信 県内有志「みんなでつくる」創刊へ /島根

記者会見した「中国山地編集舎」のメンバー=松江市殿町の県庁で、榊原愛実撮影

 「過疎」と呼ばれた地域に自信と誇りを――。県内で地方創生に関わる有志が、中国山地の現状と未来に希望を発信する年鑑「みんなでつくる中国山地」を創刊する。日本全体で人口減少が進む中、社会増などの傾向もある中国山地を「先進地」と捉え、統計データやルポルタージュ、寄稿などを盛り込む方針。

 「持続可能な地域社会総合研究所」(益田市)の藤山浩所長や…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです