中国山地の現状と希望を発信 県内有志「みんなでつくる」創刊へ /島根

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見した「中国山地編集舎」のメンバー=松江市殿町の県庁で、榊原愛実撮影
記者会見した「中国山地編集舎」のメンバー=松江市殿町の県庁で、榊原愛実撮影

 「過疎」と呼ばれた地域に自信と誇りを――。県内で地方創生に関わる有志が、中国山地の現状と未来に希望を発信する年鑑「みんなでつくる中国山地」を創刊する。日本全体で人口減少が進む中、社会増などの傾向もある中国山地を「先進地」と捉え、統計データやルポルタージュ、寄稿などを盛り込む方針。

 「持続可能な地域社会総合研究所」(益田市)の藤山浩所長や…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

あわせて読みたい

ニュース特集