メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山陰・この人

内閣府地域活性化伝道師 河部真弓さん(61) 益田を柴犬ファンの聖地に /島根

内閣府地域活性化伝道師の河部真弓さん=島根県江津市桜江町川戸で、竹内之浩撮影

河部真弓(かわべ・まゆみ)さん

 自称「地域振興バカ」。ただ興味の赴くままにのめり込んできた。今手掛けるのは昭和初期に益田市美都町二川地区で生まれ、現代の柴犬(しばいぬ)の祖先とされる石州犬「石(いし)号」にちなむ町おこし。地元団体と共に来月2日、石号の石像除幕や資料室開設をし、名物料理やキャラクター開発も進める。「自分史上最強に頑張ってます」と乗りに乗っている。

 20年前、東京から夫の古里の江津市桜江町にⅠターン。石州瓦の赤い屋根が作り出す景観や広葉樹の里山、…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです