メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

益田市教委、小中に2学期制導入へ 県内初、来年度から /島根

 益田市教委は7日、来年度から市立小中学校で2学期制導入を選択できるよう規則変更する方針を示した。市教委によると2学期制が実現すれば小中学校では県内初。

 来年度からの新学習指導要領実施に伴う外国語科新設で年間授業時間が35時間増え、市教委の試算では3学期制なら小学校で6時間授業が週4日になる。

 一方、2学期制になると始終業式や通知表…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文377文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです