メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第九で希望の歌を 東北の楽団、合唱団員を募集 豪雨被災者らへ、坂本龍一さん呼び掛け /愛媛

 相次ぐ自然災害の被災者を音楽でつなごうと、東日本大震災を経験した若者でつくる東北ユースオーケストラが、愛媛など被災10道県の幅広い世代を対象に合唱団員約120人の募集をしている。ベートーベンの交響曲第9番で「未来への希望を歌おう」と、音楽家坂本龍一さんらは呼び掛けている。応募は15日締め切り。

 東北ユースは坂本さんが代表・監督を務め、団員は岩手と宮城、福島の小学4年生から大学生まで100人以上。音楽を通じた復興を目的に結成され、2016年から毎年演奏会を開いている。

 来年3月の第5回は27、28日に東京のサントリーホールと東京芸術劇場、29日に福島市の福島県文化セ…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです