メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

「是非に及ばず」の秋=玉木研二

 <ka-ron>

 戦国の世を大転換させた織田信長は冷徹な人物観察眼を備えていたはずだが、2度、命に関わる手ひどい裏切りに遭っている。

 一つは言うまでもなく、明智光秀による本能寺の変で、信長はこれで死んだ。もう一つは北陸遠征時の義弟・浅井長政(あざいながまさ)の離反で、陣中の信長は最初信じなかった。

 長政は信長の妹の夫。「信長公記(しんちょうこうき)」によれば、長政に不満があるはずがないと信長は思い、離反は「虚説」とみた。だが「方々より事実の注進」が届くと一転「是非に及ばず」と撤退を決め、挟み撃ちを免れて京へ逃げ戻った。

 是非に及ばずとは、こうなっては仕方ない、こうするしかない、などの意。見切ったら、さっと行動に移すと…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです