メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

農園の「働く人・場」提供ビジネス 障害者就労、定着か共生か

障害者が作業するビニールハウスが建ち並ぶ「企業向け貸農園」=さいたま市岩槻区で2019年9月20日午前11時25分、山田奈緒撮影

 企業が雇用する障害者は、2018年6月1日時点で約53万5000人(前年比7・9%増)に上り、15年連続で過去最高を記録した。障害者雇用促進法は民間企業や公的機関に障害者を一定の割合雇用することを義務づけているが、伸びる数字の裏で障害者雇用の「外注」を請け負うビジネスが広がりつつある。障害者雇用や共生社会のあり方を問う声も出ている。【山田奈緒】

この記事は有料記事です。

残り3099文字(全文3273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです