メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自公連立20年

地域でも協力根付く 公明・神崎武法元代表(76)

=宮本明登撮影

 ――1999年10月に自自公連立政権が始まりました。

 ◆小渕内閣が誕生した翌月の98年8月、野中広務官房長官(自民党)から、後に公明党幹事長となる冬柴鉄三さんに「ぜひ連立してくれないか」という話が来た。冬柴さんは「これまで『非自民』でやってきたからすぐにはいかない。ワンクッション入れてもらいたい」と返答した。実は前年の6月、新大阪駅で竹下登元首相と話す機会があり、「これからの日本の政治を見ると『自民党』対『新しい保守の党』の二つの勢力が政権を争うようになる。自民と公明が一緒になった方が日本の政治のためにはいい」との話をされた。野中さんから打診された時はいよいよだなと感じた。

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです