メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラクデモ 死者100人超 シーア派有力指導者「政府は退陣を」

 イラクの首都バグダッドなどで1日から続く反政府デモが拡大し、ロイター通信によると、デモ隊と治安部隊の衝突で7日までに少なくとも計110人が死亡、6000人以上が負傷した。6~7日朝にかけてはバグダッド郊外で起きた衝突で15人が死亡するなど、緊張状態が続く。政府は6日夜の臨時閣議で、低所得者層向けの経済支援策を打ち出すなど、デモの沈静化に追われている。【カイロ篠田航一】

 デモは1日にバグダッドや南部バスラなどで発生。高い失業率や政府職員の汚職、電気や水道が行き届かない公共インフラの劣悪な状況に不満を持つ若者らが参加しており、経済学者で元石油相のアブドルマハディ首相が昨年10月に就任して以降、最大規模のデモとなっている。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです