メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米国中位所得層の潤い=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 9月の全米サプライ管理協会(ISM)の製造業景況指数は8月に続き大きく低下し、2カ月連続で先行き景気判断の境目の50を下回った。これで10月1日の金融市場では株価は下落し、債券が買われる展開となった。では一部で言われる景気後退は始まるのか。

 製造業の資材調達者が弱気な理由は間違いなくある。今年の世界貿易量伸び率は世界貿易機関(WTO)の4月発表で2・6%だったが、10月は1・2%となった。米中貿易摩擦の景気抑制効果は誰も無視できない。

 しかし米国の家計所得はトランプ政権のもとで高所得層はもちろん中位層でも上昇した。中位層の潤いが取り…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです