メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首都圏からの残土、三重県が搬入規制 条例案示す

 首都圏を中心に発生した大量の建設残土が三重県内に事実上投棄されている問題で、県は7日、残土の受け入れを規制できる県条例案を県議会の委員会に示した。埋め立て場所や規模を事前に把握できるようにするほか、有害物質を含み、安全基準を満たさない土砂搬入を禁止する。違反者に対する罰則規定も設ける。

 県などによると、残土は同県紀北町や尾鷲市の山林や農…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです